婦人

整形をする際の注意点と美容外科による技術の違い

年齢肌に対応する美容方法

婦人

年齢が出やすい肌の特徴

しわやたるみは、年齢を感じさせる肌の特徴の一つです。シミやくすみはメイクである程度ごまかせますが、しわやたるみはファンデーションでも対処できなく、写真でもはっきりわかりやすいので、多くの女性がなるべく防ぎたいと感じている肌の特徴です。歳を取ると肌のコラーゲンやヒアルロン酸が減ることによって、肌に含まれる水分量や弾力が減っていき、皮膚が重力で下がることによってしわやたるみになります。表面の水分が減るとしわになり、顔の内部の筋肉が減るとたるみになります。目の下のくまも、黒っぽいものは皮膚の弾力低下が原因です。年齢肌の解消方法には、アンチエイジングの効果がある化粧品や、美容整形で行うアンチエイジング方法があります。

美容整形で行う方法

美容整形で行われる年齢肌の解消には、ヒアルロン酸注入やレーザーの照射、フォトフェイシャルなどがあります。ヒアルロン酸注入は、皮膚の内部にヒアルロン酸を注入して肌のターンオーバーを促し、新しく生まれ変わらせる方法です。治療費が安めで、跡が残りにくく、体内に含まれている成分のため副作用の心配がないのがメリットです。レーザー照射は、肌に強力な光を照射させることにより、肌の内部の細胞を活性化させてアンチエイジング効果を狙う方法です。レーザー照射は傷痕やタトゥーの除去などにも使われます。フォトフェイシャルは、レーザーより穏やかな光線で新陳代謝を促進させる方法です。しわやたるみの他にもしみやくすみ、開いた毛穴にも効果があります。